こんばんは。こくーnです。 前回、ジェスタやらゼイドラやらぬかしておりましたが 唐突に戦国アストレイを弄りだし、またしても小改修の枠を超えてきてしまいましたw それでこんなけしからんタイトルになったわけですが、 もちろんお付き合いとは別です!念の為w(;´∀`)
そういう訳でまずは定番のアンテナのシャープ化から。 画像左が施工前、右が施工後です。 あとアンテナの角度が顔に対して垂直過ぎるような気がしたので(甲冑を意識したデザインなのだと思います)、自分の納得のいく所まで寝かせました。 比較画像が無いので取説の写真と比較w 次は首です。 ちょっと短い印象なので延長したいと思います。 あとアゴが引けない問題もあるのでそれも考えていきます。 しかし、アストレイの特徴でもある露出したフレームの意匠には、いつもの首だけ延長だとうまくハマらない…(´・ω・`) そこでMGトールギス方式で首から胸(?)あたりにかけてまとめて可動化することで、アゴ問題を解決していきます。 まずは首から胸にかけた部分をゴッソリ切断。 そして首の可動方式をキットの2重ボールからABS製のコレ↓に変更します。 さらに下図のような順序で各部品を取り付け(手書きですんまそんw) これで延長&アゴ問題は無事解決です。 出来上がりはこんな感じ とりあえず改修した可動域がこちら アゴを引ければいいと始めた改修でしたが、上を向く動作も改善されました。 これだけ動けばシャフ度も可能w Twitterでのダクトの件云々は出揃ってから書きますねw