cocoon craft center

ガンプラを中心に管理人が好きなモノを好き勝手に作っていくブログ

カテゴリ: HG1/144 ゼイドラ

あけましておめでとうございます!
どーも。こくーnです。


結局2014年の完成作品はAGEー2だけかと思ってましたが
寒さに耐えてゼイドラの塗装を敢行w

なんとか滑り込みで完成しましたo(・∀・o)
07d2bc79.jpg


c01ceb91.jpg


a6d513ef.jpg


パッと見わからないかも知れないので変更箇所を
b6b12132.jpg

・顔を設定無視で形を変更
・肩や手首などの尖った箇所を形状変更も含めてさらに鋭く
・腹部の黒い部分にボールジョイントを2つ仕込んで可動を広く
・靴をヒール化して延長、さらにスカートを削り込んで脚が長く見えるように修正
・ライフルをセミスクラッチ

腹部の改修は特別やりたかった部分で、というのも劇中でのこのシーン
bbbf719d.jpg

見事な腹筋ががが( ̄□ ̄)

これがどうにも頭を離れず、腹筋を完全再現とはいかないまでも
しなやかに可動するようにしようと考えました。

まぁどこからどう見てもエヴァン…おっと誰か来たようだ





今回はディテールはあっさり目に。AGE-2との対比にもなるかなと
その分塗装に凝ってみてます。

■カラーレシピ
ブラック:(ガイア(以下ガ))メカサフLIGHT→(ガ)ピュアブラック→(マイスターカラー(以下マ))アランチョパール
レッド:(ガ)メカサフLIGHT→(クレオス(以下ク))GXクールホワイト→(ガ)ブライトレッド→(マ)アランチョパール
オレンジ:(ガ)メカサフLIGHT→(ク)GXクールホワイト→(マ)アランチョパール
イエロー:(ガ)メカサフLIGHT→(ク)GXクールホワイト→(ガ)EXシルバー→(ク)クリアイエロー
センサー部:(タミヤ)エナメル ライトグリーン(筆塗り)

てな具合で、今回は重ね塗りで色を作っています
アランチョパールを模型屋で見つけて、この色でゼイドラを塗ろう!と決めてからこの配色になりました

アランチョパールは下地色によって色味の変わる面白い塗料で塗る前のコイツのレッドは↓のようなマゼンダっぽい色
b00f3ace.jpg



この上からアランチョパールをかけると…
8326fe68.jpg

このようにイエローが少し乗ってゼイドラの色になるのです。
ゴールドパールがアクセントになってお正月に相応しいゴージャスさw


それでは後はポーズなどを。
5689c7b9.jpg


ライフルはブレードにもなる2WAY仕様になってます。
経緯と変形はコチラをご参照ください。

0beeb649.jpg


ae669272.jpg


f43f3f32.jpg


b7ed5144.jpg


2体そろったのでブンドドw

f0420d09.jpg


f3bcf3c2.jpg





今回の2体を2/15までメディオ沖新店さんにて展示させてもらっています。
自分がアランチョパールに出会った店でもありますw
fdb4a340.jpg

お近くの方は通りかかったついでにでも
見て下さると嬉しいです(゚∀゚ゞ)
ということで2014年は完成2体でした(: ゚▽゚)
遅い…あまりに遅い(汗)



ですがまぁ、2015年もこのような調子で進まず止まらずやってこうと思います。
それでは本年もよろしくお願いいたしますー(_ _ )

どーも。こくーnです。 この所すっかり冬ですよ(゚ω゚) 出社しようとしたら車が凍りついててちょっと焦りましたw ウォッシャー液出したそばから凍って行ったので、お湯沸かしてて遅刻しかけましたw この時期に段々億劫になるのが塗装 というか換気ですね…( ̄∇ ̄;) ゼイドラ年内完成なるか? みたいな感じで以前締めましたけど、確実に出来そうにないですねコレ。 とりあえず今週は串揚げ作りながら機を待ちたいと思います… ゼイドライフルはこれで完了! ディテールも入れすぎになったらダサいし、色々悩んだ結果何も手を加えないことにしましたw もう1回だけサフ吹いたら下地を塗り始めようかな( ̄∇ ̄) 本体レッドの部分には、グレーサフで地を均してから白で下地を塗る予定。 初めから白サフで均すと塗膜が厚くなりそうなので(^-^; あと塗りの課題はアランチョパールのタイミングかなー そして今回の最後のキモ。 ヘックス迷彩デカールをいよいよ初使用です(゚∀゚ゞ) どうなるかなぁ…

どうも、こくーnです。 最近めっきり寒くなりましたね(´Д`) 作業中には袖のないちゃんちゃんこが手放せなくなってきましたw さて、AGEー2完成から2ヶ月余り経ちまして、ライバル機であるゼイドラも残すところ塗装だけ… って感じだったんですが、どうにもライフルが気になるので大幅に改造しちゃうことにしました。 今回はまとめってことでツイッターと重複する所があります。ご了承下さい_(._.)_ 最初に注目したのは劇中でゼイドラが胸からビームを出すシーン image-001.jpg キットを見てもそれらしい機能の部分はないのですが、しっかり発射されてました。 これってつまりクリアグリーンのパーツからならどこからでもビーム出せるってことじゃね?と考えました。 レギルスの光の玉フャンネル然り、ヴェイガンはビーム兵器の技術に長けているようでしたし(レギルスが登場したときはどうやってキット化する気やねん!と思ったもんですw)それくらいはできるんじゃないのかと そこで槍玉にあがったのがGNソードⅤな訳です(゚∀゚) 成形色もほぼ一緒なのでこれを利用するっきゃないってなもんで、 まずは下書き GNソードⅤにゼイドラのライフルをくっつけただけw ここからライフルっぽさのためにバレル状の物を付け足したのがコレ 今回の課題となったのが、 バレルを被せた状態で厚みを出来るだけ抑えること。 その上でバレルの開閉ギミックを落とし込むこと。 この両立のために今回はプラ板工作の精度をグッとあげていきました。 フタをしてしまう箱組みなら中に補強用のプラ屑なんかを入れ放題なんですが 今回はフタもなく裏側まで丸見えなので、最小限の補強と工作精度で強度を出します。 かなりザックリ作ってありますが、こんな感じの冶具を作って カットしたプラ板の断面をカンナ掛け。 断面にはコピックで色をつけておけば削り過ぎの心配もなく、切削量の目安にもなります。 ↓加工後 これを繰り返してそろえたパーツを組み立て。 バレルの可動はスライドではなく回転式にしました。 なんでコレにしたかというと、スケッチの段階でバレルがかなり大きくなることが分かって スライド式だと上部バレルは間違いなく腕と干渉するからw その点こいつは下部バレルがスライド(差し替え)、その上に被さるように上部バレルが来て 腕の可動に干渉しづらくなってます。 それからサイコパスのドミネーターがカッコよくて、そこからアイデアをいただいたってのもありますw そんなこんなでまた工期が延びたゼイドラ。 果たして年内に完成できるのか?! シャレにならん…www

↑このページのトップヘ